どのようなノベルティグッズがあるのか

企業が自社や商品の宣伝目的として名称を入れた無料配布する記念品「ノベルティ」ですが、今では様々な物があります。

自社名入りのグッズが当たり前ですが、やはりもらって嬉しいノベルティグッズが宣伝効果も高いと考えられます。
では、どのようなものがあるのでしょうか。


手軽に使うことができる付箋やエコバッグ、ボールペンなどが目立ちます。実用性もあり、もらう側も使えるものとしてアリです。


そんな中で増えてきているのがマグカップやグラスです。自宅で使用するには企業名が入っていても構いませんが、最近では感謝などでも使えるおしゃれなものが多くなっています。
それを使うことによって宣伝効果はばっちりです。
配布した企業としても使用する側としてもどちらもお得です。
一風変ったものでは折りたたみなどもあります。

軽量で実用性もあり、シンプルなデザインが好評だと言われています。
イベントなどで配布されるノベルティにもこだわりがあります。イベント海上での配布とあって、入手困難な場合もあります。ある意味限定品ともいえるでしょう。また、実用性だけでなく見た目にこだわったものも増えています。やはり使ってもらい、多くの人の目に触れてもらわなければ宣伝効果は低くなりますので、どの企業も力が入ります。
当たり前のように配布付されているノベルティグッズはデザイン性、機能性、実用性を兼ね揃えたものが必須になりつつあります。


これらのことから各企業や団体ではニーズに合わせたノベルティを開発しなければなりません。ノベルティを作って配布するときには、色々事前の調査などが必要となってきます。

調査をすることで、目的に合わせたアイテムを選択し、効果の高いグッズを作って配ることが出来ます。


ノベルティでおすすめなアイテムは、やはりタオルやハンカチなどの消耗品です。
消耗品は誰でも必要ですし、デザインが多少気にいらなくても他の人に譲ることも出来るので、顧客も受け取る可能性が高いです。
また、長く使ってもらうにはコップなどの陶磁器や汚れにくいトートバッグなど耐久性の強いものがよいです。
シンプルで柄が無い物、色は汚れが目立たないものがよいです。
対象ターゲットがビジネスマンの場合は、ブラックや紺などの暗めの色がよいです。高級感を出すときには、ガラスや陶器、ステンレスなど変化しにくい素材、女性にはピンクや淡いオレンジ、オフホワイトなどが好評で、光沢感のある素材でも合います。
高齢者向けなら、ちりめんやワシなど和物がよいです。


素材などに暖かみがあると好まれます。


企業によってはオリジナルイラストを使用することもありますが、自社でデザインが出来ない場合でも、専門業者に依頼することで希望に合わせてデザインをしてくれます。

ノベルティで大切なことに、納期があります。
業者によって納期は違いますし、アイテムによっても時間がかかるので、スケジュールなどを相談しておいた方が安心です。

また、サンプルなども取り寄せることも出来る場合もあります。
無料や有料なことがあるので、業者に相談した方がよいでしょう。





ギフト券の購入の珍しい情報をご紹介しています。

商品券の種類がオススメです。

ブライダルギフトについてわかりやすく説明しています。

http://biz-journal.jp/2016/05/post_15130_2.html

http://www.47news.jp/localnews/hotnews/2010/01/post-20100114102440.html

https://4meee.com/articles/tag/4/page:18

関連リンク

ノベルティを制作するときに必要なこと

ノベルティは、企業やブランドの宣伝や広告、商品を購入してもらいやすくするためなどの効果があります。しかし、ただノベルティを作るだけではその効果は発揮できません。...

more

どのようなノベルティグッズがあるのか

企業が自社や商品の宣伝目的として名称を入れた無料配布する記念品「ノベルティ」ですが、今では様々な物があります。自社名入りのグッズが当たり前ですが、やはりもらって嬉しいノベルティグッズが宣伝効果も高いと考えられます。...

more