ノベルティを制作するときに必要なこと

ノベルティは、企業やブランドの宣伝や広告、商品を購入してもらいやすくするためなどの効果があります。しかし、ただノベルティを作るだけではその効果は発揮できません。


一定の基準などを満たして作らないと、無駄にコストだけがかかってしまいます。

ノベルティを作るときには、使い道や誰を対象にして配布するかなど細かく決めておくことが大切です。

どのような場面で、誰に対して、どの目的で、どう使用するのかなど明らかにしておきます。一般的に、メモ帳やボールペンなどの文具や、うちわやタオルなど日常でも使いやすいもので、主に女性向けにしていくと配布するときも効果が高くなります。目的が決まると、納期なども決まってきます。



効果的なノベルティを制作するには、業者に依頼するにも余裕が必要です。


発注前には予算と納期を相談し、限られた時間と費用の中で効果的なグッズを作るようにしましょう。

商品券はとにかくお勧めです。

また、数量やアイテムなどによって納期は違うので、時間があるときには早めに業者に依頼した方が安心です。


ノベルティには、顧客への宣伝や販促効果以外に、社員の一体感や愛着などがあります。

ギフト券の購入について詳しく知りたいならこちらのサイトです。

品質の高いグッズだと、優れた営業者と同じぐらいの効果があり、集客や販促などに繋がっていきます。
配布したグッズは、顧客の手元にあって目にしてもらう限りはずっと広告になります。


とくに、キャラクターを使った場合は、試行錯誤を重ねるので制作の段階で社員にも一体感や製品への愛着なども湧きます。
作るべきグッズがわからないときは、専門の業者に依頼すれば、希望に合わせた企画からアイテムを提案してくれます。



個人商店などでチラシや媒体などいろいろ販促活動をしてきてそれほど成果が出ていないという方へお勧めをしたいのはノベルティーグッズ。

ノベルティーグッズときいて、何をすればと思うかもしれないですが意外と簡単です。



テーマは一つ「自分がほしいもの」「自分が捨てないもの」この2つを基準に選んでみてください。

http://www.mbs.jp/news/sp/national.shtml

経験的にあるとおもいますが、巷ではいろいろノベルティーグッズを配っています。

ただ残念ながら、ゴミ箱に行く確率の高いものばかり。

http://girlschannel.net/topics/448338/

大体は大量に作ることで安くなるのですが、これが意外と落とし穴になっていると思います。


気持ちが「安さ」に行ってしまいグッズ自体が魅力的でないものになっています。


一例を挙げると、「ペン」ほしいものではあるし、使うのですが、やすさを中心に考えてしまうとだんだん質も悪くなり、途中でインクが出ない、書き心地がよくない、デザイン性が悪いなどいろいろな問題が出てきます。


その結果、使わない、使えないとなり処分することになります。

ノベルティーグッズの目的は出来るだけ長く持ってもらって、自分たちのことをできるだけ覚えてもらうことです。

http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=RL008497

質がいいものを提供することで、イメージも上がるかもしれません。

大量に作ると安くなるかもしれませんが、それほど大量に作らなくても、必要な分をしっかり把握し、必要な分だけ作ることが大事だと思います。
ちょっと割高になっても、少し自分のアイデアを入れて、いいものをつくり、渡すようにすることで、本来の目的が達成できます。
困ったら、ノベルティグッズを目的に応じて一緒に考えてくれる代理店などもあるので是非、相談してみましょう。

関連リンク

ノベルティを制作するときに必要なこと

ノベルティは、企業やブランドの宣伝や広告、商品を購入してもらいやすくするためなどの効果があります。しかし、ただノベルティを作るだけではその効果は発揮できません。...

more

どのようなノベルティグッズがあるのか

企業が自社や商品の宣伝目的として名称を入れた無料配布する記念品「ノベルティ」ですが、今では様々な物があります。自社名入りのグッズが当たり前ですが、やはりもらって嬉しいノベルティグッズが宣伝効果も高いと考えられます。...

more