ノベルティの販促と広告宣伝の違いとは

企業が無料で配布するノベルティには、販促目的と広告宣伝の二つがあります。

信頼性の高いブライダルギフト情報探しのサポートをいたします。

販促とは、販売促進のための活動のことで、売りたい商品の売り上げやサービスなどの契約を上げるためのものです。


一方、広告宣伝は企業の名前を広めて、情報などを伝えることです。両方とも、集客や売り上げアップにつながることもありますが、より効果があるのはやはり販促です。

商品券の購入の情報サイトが便利です。

販促品のノベルティグッズは、チラシ印刷業者や販促グッズ専門店などが制作をしています。

和傘情報に精通したサイトです。

個人のイベントなら自作でも可能ですが、企業やお店だとやはり本格的なノベルティグッズが必要になります。扱っているアイテムの種類は豊富で、業者によって異なっています。


商品を選ぶときでも季節やターゲット層、アピールしたい商品によって違います。
例えば、夏場ならうちわや扇子など、年末ならカレンダーと決めた方がよいです。
あまり季節外れなものや、オリジナル性に拘りすぎて実用的でないと、使用されなかったりして販促の効果が期待出来ません。主なノベルティグッズには、のぼりやチラシ、ポスターやパンフレット、ダイレクトメールやクリアファイル、ボールペンやメモ帳などがあります。



販促目的のノベルティでは、利益の獲得が大きな目的です。

配布することで集客や売り上げにならなければ意味がなく、それを可能にするには事前の調査や消費者のニーズなどを把握して、それに合わせてアイテムを制作し効果のあるターゲットやエリアに配布する必要があります。


ノベルティは日本では、商品や会社の宣伝を目的として、それらの名称を入れて配布する無料の記念品のことを指します。


ノベルティは販促品の一種になりますが、販促品は商品の宣伝を目的とし、その商品の売上を伸ばすために配布するものであり、記念品ではない違いがあります。



ノベルティの種類はさまざまですが、基本的には日常使うものがよく選ばれる傾向にあります。

http://tsite.jp/pc/r/al/blue_chip.pl

例えばもっとも実用的かつ代表的なものとして鉛筆やボールペンなどの筆記具や日用品としてのタオルなどがあります。


特に筆記具は事務を行う上で欠かせないもので、喜ばれるものです。また家庭向けの場合には、ラップやアルミホイル、タッパーなどがよく利用されますが、この場合には名入れなどは行なわずに市販品に熨斗を付ける程度で配布されます。


特にノベルティでは、名入れを行うか行わないかで利用する費用が大きく異なってきます。

特に大量に配布する場合にはそれだけ時間も手間も掛かるわけですが、大量になればなるほど1個あたりの単価は下がるのが一般的です。

http://form.allabout.co.jp/tips/35/

近年のノベルティとして人気があるものとしてはエコバッグやオリジナルのタンブラーボトルです。

http://rocketnews24.com/2016/04/01/728444/

これらは名入れがしやすいように工夫されたものが用意されており、比較的安価に行うことができるメリットがあります。

また変わり種のものとしてはアウトドアグッズや防災防犯グッズ、スマートフォンや携帯電話の周辺アイテムなどがあり、それぞれの目的に応じて使われています。

関連リンク

ノベルティを制作するときに必要なこと

ノベルティは、企業やブランドの宣伝や広告、商品を購入してもらいやすくするためなどの効果があります。しかし、ただノベルティを作るだけではその効果は発揮できません。...

more

どのようなノベルティグッズがあるのか

企業が自社や商品の宣伝目的として名称を入れた無料配布する記念品「ノベルティ」ですが、今では様々な物があります。自社名入りのグッズが当たり前ですが、やはりもらって嬉しいノベルティグッズが宣伝効果も高いと考えられます。...

more